沖縄3日間-2日目

画像


2日目の朝はさわやかな潮風とともに始まった。サービスの新聞に目を通してから
今日の日程に思いをはせる。

まずは「シーサイドレストラン」で朝食バイキング。
朝から食欲全開にさせてくれるロケーション。
8時というのに大勢の人でごった返し、コーヒーサーバーが空になるほど。
コーヒーマシンもあるので、1時間は食べたり飲んだりできる。
焼きたてのパンもおいしかった。

昨夜はオリオンビールを飲みながら、夜の海を眺めていたが、
ガラス戸を締めれば静寂に包まれて熟睡できる。

画像


レンタカーショップからもらったクーポンには、ツアーで行く有名店の物ばかりで
肝心の「ちゅら海水族館」が無かったので、予定通りコースの途中にある
「道の駅 許田(きょだ)」で休憩を兼ねてクーポン券を購入。
ホテルから30分、人気の「乾燥パイナップル」を探し出し、車中試食。
甘いだけで少々期待はずれだった。

あえてパイナップル園には寄らず、その先の「みかんの里」へ到着。約30分

画像


田舎の直売所といったところだが、はねだしの「たんかん」が
南国の味で、いい土産になった。夏になればマンゴーやシークワーサーが
安く手に入ると思う。

山道を下って20分で水族館のある「海洋博公園」へ到着。

画像


入場クーポンは途中のコンビにでも販売しているが、入り口に一番近い
P7北ゲート立体駐車場に車を置いて、水族館を通り抜けた下の広場へ出ると
快晴の空と青い海が広がっている。

画像


まずは腹ごしらえが先だ。もうお昼近くなので、「熱帯ドリームセンター」行きの
無料バスへ乗り、一番奥にある休憩所へ向かう。

画像


水族館のチケットを提示すると600円→300円になり
中は熱帯の花畑というかジャングルのよう。
3月は春の花も終わり、夏の花もまだ早いが、ここだけは別だ。
スナップ写真ポイントも用意してあり、この時期の穴場といえる。

画像


迷路のようなコースを辿り、ようやくレストランへ。
ここも静かで穏やかな空気に包まれている。

画像


パイナップルポークボウル(豚丼)タコライス・塩ソーダー合計1763円
窓の外に広がる沖縄の海を見ながら、くつろげる昼食だ。
残念ながら初めて食べるタコライスは少々からいチャーハンのよう。

あらためて水族館行きの電気遊覧車に乗る。1人100円
公園内は広いので、とても歩いては移動できない。

画像


その2へ続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック